所有権の力

美術館のいらすと

制作会社から配布された原画の所有権は、手にした私たちに移転します。ところで所有権を有していると私的使用以外にどんなことが許されるのでしょうか。

●現物を公の場所に展示できる(著作権法第45条)
いくら著作権が無いといってもこれくらい許されないと楽しくないですよね。展示する際に配布する小冊子などにも掲載することができるという判例もあるそうです。注意点は、屋外で恒常的に展示したり、画集のような利用は駄目ということ。

●売買目的のために複製を公開(著作権法第47条の2)
売りたいと思ったときに、現物の見本が無いとなかなか買い手がつかないですよね。その場合は、取引を円滑にするために複製の公開が許されています。なのでメルカリやヤフオクに画像を掲載しても大丈夫なのです。

★撮影してホームページやSNSに掲載するのは?
著作権者の許可があれば可能となるようです。興味があったのでアニメの制作会社数社に確認したことがありますが、駄目だと言われたことはないですね。駄目ならば配布時に注意喚起すべきだと思います。